筋トレでグルタミン酸を摂取するタイミング

グルタミン酸はアミノ酸の一種で、その効果は血液中の窒素と結合して全身に回り、筋肉の修復に使われます。

グルタミン酸は、アミノ酸の中でも消費量の多い栄養素であり、運動や風邪などの病気やケガをした時だけでなく、精神の疲れである体にストレスがかかった時にも修復に使われるのです。

特に筋肉をつけたいと考えた時に、定期的に摂取しないと足りないグルタミンを、脳から発せられる分解酵素が体内の筋肉組織の一部を溶かして生成しようとするので、せっかくの筋トレが意味をなくしてしまうことになります。

そこでどの栄養素にも言えることですが、摂取するタイミングを知っておきたいという人は多いといえます。

グルタミン酸の場合、先に言ったとおりに常に消費し続ける栄養素であるため、摂取するタイミングは、運動をして筋肉を維持したいと考える場合には運動後に摂取するべきですが、基本はどのタイミングでも摂取して大丈夫です。

ただし、筋肉を維持するための目的として体に取り入れる場合には、常に5グラムを目安にしなければならないです。この5グラムを食材から得ようとすると、タンパク質を含む食材を生で大量にとる必要があるため効率的ではないです。

そこでサプリメントで取り入れることが良いのですが、サプリでとる場合しっかりと容量を守ってとる必要があります。

pic1

グルタミンを摂取する最適な方法

グルタミンはアミノ酸の一種ですが、料理などに使用されるうまみ調味料に使用されるものとは、別の栄養成分です。グルタミンを摂取することで、疲労回復や免疫力の向上、筋肉の分解を防止する効果があります。

また、健康を維持することができ、風邪にかかりにくくなったり、疲れや筋トレなどからの疲労回復を早めてくれます。

グルタミンが体内で不足すると、骨格筋肉内に貯蔵されているアミノ酸の大部分は、グルタミンからできているので、この筋肉を分解してエネルギー源を作ります。

摂取する効果的なタイミングとその方法としては、起床時後、スポーツなどのトレーニングの後、寝る前の3回摂取する方法で、体調を良好な状態に維持することができます。

摂取量としては、1回に5~10gが適量とされています。運動などのトレーニング中にもグルタミンが消費されているので、筋肉の分解を防ぐために適宜必要に応じて飲む方法もあります。

トレーニングせずに単に健康維持のために摂取している場合には、睡眠前かあるいは起床後に約5g程度を飲むことで、細胞の柔軟性や筋肉を維持するほかに、免疫の機能の低下を防ぐのに十分です。

スポーツ選手には欠くことのできないものですが、医療でも広く活用されています。

pic2

グルタミンの1日の摂取量はどのくらい?

グルタミンの1日の摂取量は、40グラム程度までであれば問題はありません。それ以上に摂取したとしても効果はなく、むしろ肝臓や腎臓へ負担がかかるので、過剰に摂取することは避けたほうが良いでしょう。

グルタミンは体内に一番多く含まれているタンパク質で、その主な働きは、筋肉が分解されるのを抑制する働きや、消化管機能をサポートする働き、免疫力を向上させる働き、ケガを早く回復させる働きなどがあります。

また、腸管の最も重要なエネルギー源でもあります。激しい運動をしたときや、大きなストレスがかかったときなどには、このグルタミンが大量に消費されます。

もしそれで足りなければ、筋肉を分解してそこからグルタミンを供給しようとします。筋肉を鍛えたいと思っているのに、それによって逆に筋肉が衰えるとすれば本末転倒です。

これが、激しいトレーニング時や病気で寝たきりのときに筋肉が失われしまう理由のひとつなのです。グルタミンは肉や魚、卵、大豆などに含まれていますが、これらの食べ物だけではなかなか1日の摂取量に達しません。

そのようなときはサプリメントで補給すると良いでしょう。その場合、1日の摂取量40グラムまでということを忘れないことが大切です。

pic3

筋トレには必要?その量は

筋トレをするにあたって必要となる栄養素はいくつかありますが、グルタミンもまた大事な栄養素のひとつになっています。

筋トレするにあたってのコンディショニング作りに欠かせないグルタミンは、筋トレをしない方にとっても必須です。

体内に溜めておける栄養素として筋肉そのものに留まっていて、筋肉の分解を抑制したり、消化器官の手助けやケガの傷の回復を早めたりと、あらゆる働きをしてくれます。

特に身体が疲れている時などに多くのグルタミンが消費されることになり、筋トレではますます分解されて消費されるので、その抑制としてグルタミンが必須となる訳です。

そのため筋肉をつけるためにも、分解ばかりでなく、量を維持して力を発揮するためにも、必要な摂取量を摂ることが重要となります。

必要な摂取量は、含まれる肉や大豆、魚や卵など食事から摂ることとなりますが、一回の食につき、グルタミンの成分が約5g程摂取できれば良いとされています。

筋トレを行う場合には、運動する前や運動後に摂取しておくことが適切なタイミングとなり、運動中の筋肉の分解を抑えたり、運動後の筋肉の早い回復が促されて、より効率のいい筋肉の状態になります。

食事以外ではサプリメントからでも摂取できます。

pic4

筋トレについてのサイト

グルタミンと筋トレの関係について話をしていきました。筋トレの仕方をこまめに改善していくのも大事ですし、摂取するものも大事です。

最近は筋肉サプリというものも人気が出てきています。